beatmania IIDX ソフラン対策法講座 第一回 ギアチェン

こんにちは、とーるです。

この記事の本編より本質情報に気づいたんですけど、攻城シノバズ伝の力の増加量ってイベントカード撃破数×10アップするんですね。なんで、イベントカードの顔文字が虹色かオレンジのイベントカードを殴りきったら力を上げて、虹色かオレンジのイベントカードが出てきたらまた殴り再開するのが効率良さそうです。

それでは本編ですが、計画的に記事を書いていくために長期連載やろうと思います。
本当はソフラン曲全曲対策メドレーを作りたいなと思う(本質)のですが、その前に基本を抑えていこうと思います。



まずはギアチェンを実際に使用している動画を見てもらいましょう。



このように、「曲中でハイスピードを通常通りの方法で操作することで変える」のがギアチェンです。
ハイスピードの変え方はご存知のようにSTARTボタンを押しながら白鍵盤や黒鍵盤ですね。

ギアチェンは、どのような状況でもハイスピードを0.5刻み(フローティングハイスピードの場合)か0.25刻み(通常のハイスピードの場合)で変えられるというところが長所になります。
FHSを使用した皿チョンによる対策のほうがスキが少ないため優先されますが、空白地帯の後にソフランする曲はFHS皿チョンが出来ないためにギアチェンを考えることになります。

よってギアチェンを使用する曲は「BPMが変わる直前に空白地帯が存在する曲」になります。
例えば、dual controlやA、eRAseRmOToRpHAntOMに使用することになるでしょう。

ギアチェンの曲開始時のハイスピードは次の計算式で求められます

ハイスピードを0.5変える時(フローティングハイスピードのギアチェンなら鍵盤を押す回数1回)
(ハイスピードを0.5変える時の曲開始時のHS) = (BPM変化後のBPM) × 0.5 / (BPM変化後と変化前の差)

これだとハイスピードが遅すぎると思うので

ハイスピードを0.5×n変える時
(ハイスピードを0.5×n変える時の曲開始時のHS) = (ハイスピードを0.5変えるときの曲開始時のHS) × n
ようするに曲開始時のHSを2倍にするとギアチェンが2回、3倍にすると3回ってわけですね
でSUDDEN+の都合が良いところに合わせてください

文責:とーる(@thoriidx)

第三回一発IR開催中!

こんばんは、とーるです。
今回の記事は現在(12月12日~12月26日)開催中の第三回一発IRに関しての記事となっております!

一発IRとは、その名の通り課題曲の一発目のスコアで競うIRです。
普段のIRとは違った緊張感を楽しむことが出来ますし、全ての曲を一回づつやるだけで済むので気軽に参加できますよ。

KBMとBBDに属している方なら参加できますので、スプレッドシートに書いてある概要を読んで、ぜひ参加してみてください!
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1bPbi0yDKio4BxzZ99mGSGLBFzDWc8p5G6sNiYmVayPM/edit#gid=1741456891


今から参加される方向けに一発IRのコツを書いておきます。

一発IRでは、課題曲を発表後に練習することはできませんが、なんと「課題曲の譜面を見る」「課題曲の動画を見る」「課題曲の別譜面をプレーする」行為は認められています!

リズムを確認するために動画を見たり、難しい配置を先に知っておくために譜面を見たりすることは有効でしょう。
(もう期間を過ぎてしまいましたが)DanceDanceRevolutionのように、BPM変化が譜面難易度で変わらない機種で課題曲がソフラン曲になっていたら、譜面難易度を変えてソフラン対策するのも良いと思います。

ただ、早慶戦などを見越して、初見力を鍛えたり、一発の緊張感のなかで良いスコアを出す力を鍛えたりするためにあえて動画や譜面を見ないでプレーするというのももちろん良いと思います!

一発IR、普段のIRとは違う楽しさがあるので、ぜひ参加してみてください!


文責 とーる(@thoriidx)
プロフィール

kbm3556

Author:kbm3556
KBMは慶應義塾大学の音ゲーサークルです。
隔週月曜日、金曜日に綱島ラウンドワンやイミグランデ日吉店に集まって音ゲーをしたり、IRを開催したり、旅行したりして活動しています。
公式Twitterは(@KBM_official)

当ブログでは日々の活動報告や、音楽ゲームに関しての記事を書いていこうと思っております。
ご意見等ございましたら(@thoriidx)までお申し付けください!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR